レビューをもとにゴルフボールのカラーの知識を深めよう!

ゴルフボールといえば白のイメージを持つ方が多いと思います。
しかし、最近では見分けをはっきりさせたり、季節に合わせてボールを変えたりとファッション性が高くなっています。
その影響でカラー入りのゴルフボールを利用する人が増え、高評レビューも多いです。
そこで、なぜ高評レビューが多いのか、色を付ける意味と種類についてご説明していきます。

どんな色があるの?

カラーボールの種類は様々です。白はもちろん、最近よく見るカラフルなカラーでも「パッションピンク、ビビッドピンク」や「スーパーオレンジ」、「プレミアムイエロー」「KIRAライム」「パールブルー」など1つの色でも種類がいくつもあります。
更には、ゴールドやシルバー、ピーチメタルなどのメタリック加工の商品も存在します。
極めつけは黒いボールがある事です。白と思っているゴルフボールに黒いものがあるなんてビックリですよね。
これだけカラーバリエーションがあると、ファッションアイテムとして個性を出すことができ、ゴルフにもより楽しさが増しますね!

なぜカラーにするのか・・・

ゴルフボールがなぜカラーになったのか?
白だけで良かったのではないか。という方もいるでしょう。
カラーになったのはきちんと理由があります。まず、ゴルフ場は季節によってコースの環境や景色がかなり変化します。
「季節でカラーを変える」ということが最近のゴルフ競技者にはあるみたいなのです。
また、他のプレイヤーが白いボールを使用している場合、どれが自分のボールなのかひと目でわかります。
ボールが相手の近距離に飛んだ場合、どれが自分のかわからなくなってしまうことがありますが、カラーボールだと間違えませんよね。
コース回るときには、2色ほどのボールを準備すると良いでしょう。

季節によって使い分けよう

ゴルフ場は季節によって環境の変化がかなりあります。
春から夏にかけて、木々や芝生は青くなり、一面グリーンカラーになります。
そういった場合には、普段から使っている白が一番見えやすく、見つけやすいです。
白はもともと一年を通して見えやすく、自然の緑の中では特に目立つので、春から夏の季節は白いボールがもっともベストです。
他とかぶる事を避けたい場合は、レビューによれば、薄いピンク系やイエロー系、白がかったボールが人気を占めます。
秋になると紅葉になるので、オレンジやイエロー系のボールは避けた方がいいです。冬は雪が降り、除雪作業をしてもあちこちに雪が残っている事があるので白を避けましょう。おすすめとしてはピンクを使うと良いでしょう。

まとめ

競技おいてたった1つのゴルフボールですが、安全面やプレーを円滑にするためにも、カラーボールのご使用をおすすめします。
こまめにインターネットでのレビューなどを参考にし、季節や状況に合わせて、満足あるボールを購入すれば、楽しいゴルフができしうですね!

Follow me!