レビューで入手!バスケットシューズの買い替え時期とサイズの選び方

バスケット部に所属している人には、欠かせないバスケットシューズですが、買い替える時期やタイミングなど、はっきりわからない人も多いです。
そこでバスケットシューズの買い替えるのに最適なタイミング、シューズの寿命を延ばす方法・自分に合ったサイズ選びなどを様々なサイトのレビューを基に、ご紹介します。

バスケットシューズの買い替え時期について

バスケット部の練習は平均で、週に3~5回の3~4時間の練習が一般的です。
その練習量で買い替えるのは、サイズが合わなくなったなどの理由以外で、一年弱ほどで古くなります。
バスケットは、激しい動きを伴うので、ダメージも受けやすいので普通の靴に比べて、壊れるのも早いです。
壊れるのが早いという理由で、シューズのメンテナンス・お手入れを行っていない部活生も多いですが、シューズはお手入れの仕方で寿命が延びます。
ただ洗うだけではだめなのです。
ちゃんとシューズの各部分の素材に合わせてお手入れを心がけてみてください。

バスケットシューズを選ぶとき

まずサイズを選ぶ前に、自分の足の形を知る必要があります。
偏平足な人や幅の広い足など、人により足の形は様々です。
タイプ別に分けると、ガードタイプ・フォワードタイプ・センタータイプ・オールラウンドタイプと4つのタイプがあります。
バスケットシューズの選び方にはいろいろな意見がありますが、最終的に参考にしてほしいのは、ポジション別の機能を活かし、自分の好みに合ったもの、履き心地で選ぶと良いでしょう。
選ぶ際に、どのポジションでも言えることは、安定性、軽量性・グリップ力・クッション性が大切になってきます。
目安としては、シューズを履いた時に、かかと部分に約1センチ程度の隙間があり、軽く飛んでみたりして、ズレや違和感がなければ、最適なサイズと言えます。

おすすめのメーカー

バスケットシューズの好きなメーカーは人それぞれ好みがありますよね。
その中で、最もレビューにて評価が高く、お勧めなのが「アシックス」です。
日本人は足の幅が横に広い人のほうが多いので、同じバスケットシューズでも、メーカーによりサイズは異なってきます。
その点、アシックスは足の幅も広く作られており、サイズは合うけど幅が小さいということも起きにくいので、好評のレビューが多いです。

まとめ

同じバスケットシューズでも、お手入れしているシューズとしてないシューズでは寿命も変わってきます。
部分別の素材に合わせてしっかり適度な頻度で、メンテナンスを心がけましょう。
シューズ選びも仲間同士で情報を共有するのも大事ですが、ネットサイトによるシューズのレビューをチェックするのも良いシューズを見つける手段の一つです。
是非レビューを参考にしてみてはいかがでしょうか。
シューズを購入する際には、怪我を招かないように、自分の足のタイプに合ったサイズのものを購入してください。

Follow me!